サラ金カードを人気順でランキング掲載するサイトです。( 現在 43 商品を掲載中)。2018/07/10 更新


即日借り入れサラ金トップ > 初めての方 > 大手4社で振込融資を比較

初めての方におすすめな消費者金融TOP3
プロミス フリーキャッシング
アコム
アイフル

大手消費者金融一覧はこちら

大手4社で振込融資を比較

スポンサーリンク

最終確認日:2018/07/09

銀行口座への振込融資は、大手サラ金4社であれば全てで対応しています。
しかし振込融資を希望する場合、インターネットバンキング対応しているかそうでないかで便利度は大きく変わります。

インターネットバンキングによる振込は通常の振込とは異なります。

インターネットバンキング対応の場合、24時間銀行振込が可能です。
通常の銀行振込ですと、銀行の営業時間内である平日15時までに振込ができなければ、翌営業日の朝に行われることになります。
銀行の振込対応リミットが早いため、消費者金融に申し込むリミットも早まってしまうのです。

インターネットバンキング対応となると大手サラ金4社でも一部のみ導入しているという現状です。
申込者がインターネットバンキング口座を用意すれば全て使えるというわけではなく、消費者金融と銀行が提携している必要があるのです。

大手サラ金というとプロミスアコムがインターネットバンキングに対応しており、SMBCモビットアイフルは未対応となっています。

プロミスは三井住友銀行とジャパンネット銀行、アコムが楽天銀行で24時間振込融資可能です。

そのためプロミスアコムは振込融資が希望なら申込リミットがおよそ20時まで(平日休日関係なく)となります(未対応のSMBCモビットアイフルは平日だけで、およそ14時までです)。

ここでは、銀行振込による即日融資の時間や申込の流れを解説していきます。

プロミス

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っているかそうでないかで異なります。

ジャパンネット銀行の場合は口座があればOKですが、三井住友銀行の場合はインターネットバンキング口座を開設しておく必要があります(通常の口座開設手続きだけでは足りません)。

三井住友銀行の場合、インターネットから手続きするか、または銀行窓口で「インターネットバンキング口座を開設したいのですが」と申し出ましょう。

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っている場合

平日休日関係なく申込リミットはおよそ20時です。
但しこれは、審査がスムーズに進んだ場合のことですので、申込は早ければ早いほど即日振込は叶うといえます。

その後、21時までに審査通過の連絡がなければ残念ながら借入は翌営業日以降になります。
21時以降は夜分であるためプロミスも電話連絡を行わないのです。

審査に通過できた場合、22時までに契約手続きを行うことが必須です。
スマホにてメールやアプリを利用してできますので、自宅などその場で可能です。

契約手続きが完了すれば、24時間振込手続きが可能です。

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を”持っていない”場合

銀行の営業時間内に振込手続きを行う必要があります。
そのため振込融資による土日祝日は振込融資はできません。

平日でおよそ13時までに申込を完了する必要があります。
ただ、その後およそ14時までに契約手続きを終えなければならないので、午前中の申込が理想です。

契約手続きが終われば、14時50分までに振込依頼を終えればこちらの銀行口座に振込融資が行われます。
なお、土日祝日であってもカード受け取り、またはスマホATMであれば借入は可能です。

⇒このケースの申込の流れ(平日土日祝日)

アコム

アコムは次の3パターンとなります。インターネットバンキング対応は楽天銀行だけとなり、24時間振込融資が可能です。

V銀行については平日の18時までの電話依頼のみ、19時まで振込融資可能となっています。
これら以外の銀行口座は、銀行営業時間内までしか振込対応を行っていません。

楽天銀行

平日休日関係なく申込リミットはおよそ20時です。
但しこれは、審査がスムーズに進んだ場合のことですので、申込は早ければ早いほど即日振込は叶うといえます。

その後、21時までに審査通過の連絡がなければ残念ながら借入は翌営業日以降になります。
21時以降は夜分であるためアコムも電話連絡を行わないのです。

審査に通過できた場合、22時までに契約手続きを行うことが必須です。
メールやアプリを利用してできますので、自宅などその場で可能です。

契約手続きが完了すれば、24時間振込手続きが可能です。

なお、楽天銀行以外、土日祝日の振込融資はできません。

三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行

楽天銀行以外の場合、インターネットまたは電話による振込依頼は平日14時30分までです。

しかし三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行の3つの内のいずれかの銀行口座を持っている方のみ、次の全ての条件を満たすことで19時まで振込融資可能となっています。18時までに振込融資の申込を行えば、19時までに融資が実行されます。
新規申込者のみ対象ですので、既にアコム会員の方はこの振込融資の方法は使うことができません。

さらに電話依頼のみですので、インターネットからの場合は平日14時30分まで振込申込が可能(ゆうちょは平日14時まで)です。

上記以外の銀行口座

上述した銀行口座を持っていない方や、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行でもインターネットからの振込依頼の場合は、平日14時30分まで振込受付となっています。
ゆうちょは平日14時までの振込受付です。

なお、通常は数分で融資が実行されますが、ゆうちょのみ17時までに融資実行となっています。
手続きに問題なければ、当日中に振込という点は変わりません。

⇒このケースの申込の流れ(平日土日祝日)

SMBCモビット

SMBCモビットインターネットバンキングに未対応です。
そのため、銀行振込による融資は平日のみとなっています。
金曜日の銀行営業時間外(15時以降)から日曜日までの振込依頼は、全て翌営業日(通常は月曜日)に実行されることになります。

よって銀行口座への振込融資の手順は、平日のみ可能ということになります。

カード申込・WEB完結申込ともの手順は同じ

SMBCモビットには2つの申込方法があります。
カード申込とWEB完結申込です。

どちらの申込方法でも当日の振込融資は可能ですし、申込〜契約手続き〜振込依頼までの時間リミットも同じです。

WEB完結はその名の通り、原則web上の手続きだけで契約が完了します。
カード申込は、ローン申込機まで出向くことができればカードを受け取ることもできますし、ローン申込機まで出向かなくてもカードは郵送してもらえます。

申込手順はこちらです。

⇒このケースの申込の流れ(平日)

アイフル

アイフルインターネットバンキングに未対応です。
そのため、銀行振込による融資は平日のみとなっています。
金曜日の銀行営業時間外(15時以降)から日曜日までの振込依頼は、全て翌営業日(通常は月曜日)に実行されることになります。

よって振込による銀行振込による即日融資の手順は、平日のみに該当したものとなります。

他社と比べてやや締切が早い振込融資

アイフルは他のカード会社と比べて、振込融資のリミットが若干早いのです。

14時10分までに振込手続き完了が条件ですので、それまでに申込〜審査〜契約手続きを完了させる必要があります。
申込後にフリーダイヤルでアイフルに電話することで審査の順番を繰り上げてもらえます。

これはHPでも推奨されている方法ですので、急ぎの方は是非電話しましょう。

⇒このケースの申込の流れ(平日)
スポンサーリンク

サラ金ランキング一覧表

1位:プロミス フリーキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も最短即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

2位:アイフル

・平日はもちろん、土日祝日も最短即日融資が可能
・家族に知られたくない
アイフルにも無利息サービスがあります
・女性向けの「SuLaLi」もあります
アイフル申込に必要な書類
・定期的な収入があればパート・アルバイト・派遣社員の方も借入可能です

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%最短30分可能アイフル株式会社

3位:アコム

・平日・土日祝日ともに最短即日融資が可能
・郵送NO!必要書類もアップロードでOK!
・「むじんくん」と提携ATMは全国に多数あります
・30日間金利0円サービスがあります
アコム申込に必要な書類
・便利なアプリ「アコムナビ」が使えます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能アコム株式会社

4位:モビット

・19時までに申込完了、20時頃までに審査通過連絡をもらえれば最短即日融資可能。土日もOK
・在籍確認で勤務先への電話連絡がない「WEB完結」申込とは
・利用明細書の発行を会員専用サービス「Myモビ」からストップできます
・ATMを利用するなら、三井住友銀行がお得
モビット申込に必要な書類
・借入れ金額は1万円から〜最大800万円まで可能です
モビット公式のスマホアプリがダウンロード出来ます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
3.0%〜18.0%最短30分可能
※1. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2. 14:50までの振込手続完了が必要です。
※3. 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
株式会社SMBCモビット

5位:プロミス レディースキャッシング

・平日はもちろん、土日祝日も最短即日融資が可能
・家族に知られたくない
・在籍確認について
・「フリーキャッシング」、「レディースキャッシング」がカードローン商品です
・初めて方にはプロミスがおすすめ
プロミス申込に必要な書類
・一般的な申込みフロー

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜17.8%最短30分最短1時間融資も可能SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

6位:オリコ クレスト

・個人向けのカードローンです
・最短即日融資は不可能、借入まで最短5営業日かかります
・オリコ クレスト申込に必要な書類
・選べる返済方法
・借入方法は銀行振込とATMの2つ
・所得証明書が必要なケースについて
・「eオリコサービス」により、明細書の送付も停止できます

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
4.5%〜18.0%可能(平日なら13時30分までの受付で即日審査)不可。最短5営業日。株式会社オリエントコーポレーション

7位:オリコ事業主ローン「CREST for Biz」

・個人事業主専用のローンカードです
・審査は数日かかります
・利用中の銀行振込なら最短即日で対応できます
・”返済”時のATM手数料は無料
・明細書の送付も停止できる

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
6.0%〜18.0%不明不明株式会社オリエントコーポレーション

8位:ビジネクスト

ビジネクストはあまり聞きなれない名前ですが東京都にある2001年に設立された、 アイフル グループのビジネスローン専門会社です(三井住友信託銀行との合弁による)。 資金使途は事業用のみとなっていますので、 総量規制 の対象外です。 一般個人の方の申込は不可能となっています(自営業者はOK)。 つなぎ資金などの資金繰りに利用される方が多いです。 商品は多岐にわたりますが、代表的なものは無担保・有・・・

>>詳細ページへ<<

実質年率即日審査即日融資企業名
8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
不明不可(3日程度(土日祝日を除く))ビジネクスト株式会社
スポンサーリンク